忍者ブログ
ファミコンやりてえよお
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
見つけたのが前すぎてどういう経緯で知ったか忘れましたが、
「GERMS -狙われた街-」というゲームをクリアしました。
わりかしプレミア価格だったのでちょっとしぶってたんですけど、
思いきってみました。

一応賛否あるゲームですが、
どちらかというとクソゲー判定の方が多いみたいですね。
無論そう言われるだけの理由はあるんですけども、
個人的にはめちゃくちゃスキでして、
評価されるべき点もたくさんあると思うんですよね。
というわけで、今回はGERMSについて。ネタバレです。

主人公は新聞記者で、離れていた「街」に戻ってきています。
しかし、「街」では異変が起こっていました。
多くの人々が「変化」による混乱状態に陥っており、
中にはミュータント化して攻撃を仕掛けてくる人も。
記者である主人公のPCには異変に関する情報、調査依頼のメールが届き、
主人公はそれに従って異変の調査を始めます。というのがあらすじ。

システムとしてはまず時間の概念(6倍)があるのと、
睡眠、食事が必要となるので、それなりに動いたあとは、
食って寝て、また次の日に動きはじめるという流れを組むことになります。
太陽のしっぽみたいですね。

あらすじで述べた通りメールで依頼を受けた案件に沿って
移動など行います。マップそのものはかなり広大なので、
最初はかなり戸惑うかと思いますが、慣れです。全部慣れ。
ゲーム上で見る地図はちっちゃくてなんだかわからないので、
説明書付きを手に入れられた方はそちらを見て進めることを推奨します。

で、行く先々で出会う人々、気を付けていただきたいのがセリフの色。
基本的に一般人は水色なんですが、
見た目がただのモブでもヤバい奴のセリフは黄色です。
まあそういうやつは言ってることも概ねおかしいんですけど、
たまにまともなことを言いながらも真っ黄っ黄の人がいます。
攻撃してくる人もいるので、そういう場合は倒さなくてはなりません。
倒せば、その人の残留思念を読むことができます。

残留思念って何?
そう、何を隠そうこのゲーム、倒した相手のプロフィールが見られます。
ミュータントが人だったころの話とか、趣味とか書いてあります。ド鬼畜です。
ちなみに、善良な一般市民も攻撃できるそうですよ。
私は善人なのでやってません(シレッ)

ちなみにこれ、ゲームオーバーが無くて、
倒されると主人公がミュータントになるんですよね。
敵だったミュータントが友好的にお話ししてくれるようになります。それはそれで面白い。
なおミュータント状態は病院の劇薬で治してもらえます。

ゲーム進める順序もおおよそのフラグさえ立てておけば自由ですし、
街の広さや施設の細かさ、先述の敵プロフィール、
デザインの危ういミュータント、電波な人々、そして雰囲気(殺し文句)
かなり魅力的な要素が揃っていると思います。

ではどういったところが難点なのか?

まず、操作性。とにかく戦闘がやりづらい。
文面だとうまく伝わらないとは思いますが、
視点と進行方向を十字キーで動かしながら進行は△ボタン。
攻撃はR2かL2で構えて、もっかい押して行うので、
スキまみれだし、敵の攻撃が避けづらい。
(しかも攻撃が当たるかどうかは当たり判定ではなく経験値に基づいた確率

それから車ですね。
GERMSは移動手段が徒歩、自分の車、バス、電車、地下鉄と幅広くありまして、
どれで行かなきゃいけないという決まりがないんですね。
好きなように使って行けばいい。さすが自由度が高いです。ここはポイント高い。
のですが、乗って数秒で建物に突っ込む(ヘタクソなのでは?)

というのも、文字通りハマッてしまう箇所が多く
バックしてもハンドル切ってもどうしようもない状況になってしまうんですよね。
そうなると降りざるを得ない。新聞社の助手に電話して、
車を移動してもらうほかありません。まさしく事故車です。
というかぶっちゃけ徒歩でも引っかかることはあります。

それからもう一つ、ヒントの少なさは著しいですねえ。
例えば、NPC同行のイベントとかもあるんですけど、
終わったと思って主人公の支社に帰ったら、
さっきまで同行していたNPCから
「さっきのとこでずっと待ってるんだけど」という旨の電話がかかってきます。

あるいは、一旦休憩しようと思って支社に戻ったけど、
普通に解決していたらしくお礼のメールが届いていたみたいなこともあります。
だいたいボスっぽいのやっつけたらおしまいなんですけど、
そのボスっぽいのが何体もいるっていうのが結構ありまして。

自由度の高さに技術が追いついていないこととその難易度。
これらがクソゲーと呼ばれる所以なのではと思います。
ストーリーも設定そのものは珍しいとは言えないですし。
まあラストは唐突すぎて「えっ!?!!!」ってなりましたけど。
そこが掘り下げられることもなく・・・。

ただ、何様なんだと思われてしまうかもしれませんが、
やりたかったことはめちゃくちゃ伝わってくるんですよね。
専門的なところはわかりませんが、技術の進んだ今だからこそ、
こうしたかったんだろうなあというのがわかる。好感度高いです。

過去にマザー3が64で開発中止になりましたが、
当時のインタビューとかを集めてみると、
ゲームをリアルタイムで動かすっていうのが、
本当に夢のようで魅力的だった時代なんだろうなと思います。

めちゃくちゃ語ってしまいましたが、
難点をもってしてもかなわないくらい、魅力的な部分が大きいゲームでした。
雰囲気で掴まれたら買いだと思います。あとは根気よく。

さーて、仕事だ・・・。
PR
ゲームカテゴリを新設したのは良いが
どうもライカの話をきちんと書いていない!
ということで早速更新です。

プラネットライカとは、
クーロンズゲートのスタッフが集って開発したって言う時点で
どう考えてもヤバいゲームです。

まず、あらすじですが、主人公、ライカは宇宙飛行士。
物語はそのライカがタトラー船長、ヌーン、エイプリルと共に、
火星へ向かうところから始まります。
ちなみに名前つけられるけど自動で「ノフ」が追加になるから注意な。

ライカたちは人ですが、犬の顔をしています。
人類は昔、火星に人の顔をあげてしまいました。
でも、それが合わなかったとかで、結局火星人は滅んでしまいました。

その後、火星を地球化する計画が立てられました。
そこでガリルを始めとする調査隊が派遣されたものの、
ガリルが謎の言葉を残して行方不明に。

ライカたちはその再開発の調査として送り出されたのです。

大丈夫?
ついてきてる?

とりあえずあらすじはここまで。
あらすじだけで異様ですが、とりあえずシステムの話をしましょう。

単刀直入に申し上げますとライカは多重人格者です。
ライカはっていうか登場人物のほとんどが別人格を持っているかイかれてます。
かつ、「悪」を発していて、それぞれ3タイプに分かれています。

ライカは3人の人格を持っているのですが(まあ正確に言うと・・だけど)、
いずれかのタイプの「悪」が一定以上溜まった状態で鏡に触れると、
その「悪」のタイプに対応した人格が現れます。
ついてきてる?大丈夫?

で、その3人格への変容をしつつ、
火星の謎に近付いていくと。解けないけどな。
ただ、進めて行くうちにライカがなぜ多重人格になったのか、
仲間たちの過去、火星の住人のことなどは明らかになっていきます。

戦闘もちょこっとですがあります。変わったシステムですが、
慣れると面白い。ちょっと説明はしづらいんすけど、
跳ね返します。そういう感じです。

セリフ回しやシナリオの方は、やっぱりさすがですね。
狂ってます。セリフどこ抜き出しても大丈夫だと思います(大丈夫?)。
とにかく、設定や雰囲気、その電波ぶりが気に入ればもう買いだと思います。
クーロンズゲートと比べてあまり知名度がありませんが、
もったいない、オススメです。めちゃくちゃオススメです。

また同じチームでなんかやってほしいですねえ・・。
今更ですが「ゲーム」カテゴリーを追加しました。

仕分け中なんですが編集するか迷います。
なんならもう一から書き直したいくらいなんですけど、
私の歴史でもあるのでこんな歴史があってたまるか・・・。

というか反省するしかないんですけど、
結構ゲームの感想と日記をごっちゃに書いている記事が多くてですね。
いらないとこ削って一本ゲーム記事にしてしまおうかとも思っているんですが。
そんなことするくらいならやっぱり一から書き直した方が良いのでは・・・
とも思うわけですよ。

まあ、懐かしさで残したりばっさり切ったりすることにはなると思いますが、
とりあえずやっていきます。
ちなみにソシャゲ関連の記事は省いてます。
鳥が出たとか出ないとかはゲームの括りに入らないんで・・・。

追記:結局あまりにも日記が混ざってるものは日記、
書き直せそうなものは書き直しました。

創作カテゴリーもまた作ろうかなあ。
IDは見つかりませんでしたがいかがお過ごしでしょうか?
元気です。私は。(蚊の鳴くような声)

さて、前回引き出しをひっくり返したのをきっかけに、
部屋の片づけを始めました。

部屋と言ってもまあ自分で言うのもなんですが
別に散らかってたわけではないんですよ。
むしろシンプルなくらいですよ。
ただそれはあくまで表面的な話であって、
押し入れなどが控えているわけですね。

それを貴重な休日を消費して、
先ほどついに片付け終えたと。
すごい数のゴミ袋を後ろに控えながら書いてますけど。
まあそういうことなんですよ。

わりといらないモノはとっくの昔に捨てたつもりだったんですけど、
当時気に入ってたものとか宝物のように大事にしてたものって
結構残ってるんですよね。積み木とか、なんでもない置物とか・・。
どうでもいいもんばっかりなんですけど、
捨てられないものはやっぱ捨てられないすね。

あ~あ。
ゴミ袋運ぶか・・・。

黒歴史ブログのIDが生きてるらしい。

これは一大事ですよ。
変な汗をかき始めている。

今思い当たるメアドを必死に試しているんですが、
できない・・・まずい。

クソ・・・思いッきし規約違反なことでも
書いていればスパム報告でワンチャンだったのに・・・
ただの中学生ブログだから無理そう・・・・。

追記:貴重な休日を使って手掛かりを探しています。
というわけで引き出しやwiiのメモをひっくり返し中。
何故wiiか?

ドリキャスやPS2でインターネットに接続していた世代の方々、
いらっしゃると思います。私の場合はwiiなのです。
中学時代はケータイを持つことが許されなかったために、
ネット・メールの類は共用PCを使うしかありませんでした。
そんな時に活用したのがwiiなのです。まだ変な汗かいてるよ。

しかし手掛かり見つからず。しかもwiiの間サービス終了してる・・。

続いて引き出し。
辛すぎる。
すげえテンションの日記が4冊くらいある。

黒歴史ブログの方は記事がほとんど残っていないんですけど、
別に問題ないくらい当時の私の記録があります。
永久保存版です。ウソです。燃やせ。

ここに残ってる最古の記事も今は直視できないレベルですが、
かわいいもんです。もういやだ・・・過去と向き合いたくない・・・。

ただ苦労の甲斐がありまして、
謎のパスワードっぽいメモが5枚出てきました。多いよ。
片っ端から試してみようと思います。

さて、まいんちゃんのCDとBL同人誌はどこに隠そうかな?


しろくろでんわ
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
猪瀬
HP:
性別:
女性
趣味:
絵描く、ゲーム
自己紹介:
ボーグ脳(腐)。
好きなもの:MOTHER、太陽のしっぽ、東方見文録、メダロット、
ミルクチャン、カブトボーグ、futurama
バーコード
ブログ内検索